たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2011年12月03日

肩こりに瘀血吸圧療法は最適です

 肩こりが起きる原因の一つに、血行不良や血液の滞りがあります。

 血液の寿命は、赤血球が約120日、白血球が約90日です。

 赤血球は骨髄、白血球は扁桃腺で主に作り、肝臓や脾臓で破壊します。

 血液を作る働きがうまく機能せず、血液を破壊する機能が衰えると、老朽化した血液が体内に増加します。

 老朽化した血液は、活動性が鈍く凝固する特性があります。漢方では、その血液を「瘀血(おけつ)」と言います。

 「瘀血」が蓄積した肩こりに対し、瘀血吸圧療法が最も有効です。現状では、薬物療法や鍼灸治療より有効と言えます。

 瘀血吸圧療法とは、血液を皮膚表面に吸い上げる治療法です。

 血液を皮膚表面に吸い上げる類似の治療法は、吸玉療法、吸角療法があります。古くから有るのはヒル療法です。

 それらの治療法より、瘀血吸圧療法は著効が期待できるます。瘀血を取り除くために最も有効な治療法です。

 東京で、この治療法を実践しているのは、清野鍼灸整骨院と清野鍼灸整骨院に勤務していた先生以外に見あたりません。

 昭和30年代までは、全国至る所で見られた治療法ですので、ご存じの方も多いことと思います。

 肩こりでお悩みの方で、鍼灸治療は怖い、マッサージをしても肩こりが取れない、運動をするのは苦手という方は、瘀血吸圧法がおすすめです。

 詳しいことは、下記の診療時間内にお問い合わせ戴ければ、丁寧にご説明をさせていただきます。

 平日は、午前9:00~12:00 午後15:00~19:00
 土曜は、午前9:00~12:00 午後15:00~18:00 

 休診日は、木曜・日曜・祝日です。

東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
 清野鍼灸整骨院 府中センター
  042-335-3770

2011年(平成23年)12月3日(土) 記

(ただいま 平成23年1月7日のブログ開始時より 3日に一度更新中)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」を毎日更新しております。お時間がありましたらそちらもどうぞ。



  • 同じカテゴリー(肩こり)の記事画像
    骨格のゆがみによる肩こりに鍼灸治療や徒手整復術は有効です
    肩こりに刺絡療法は有効です
    肩こりに吸角療法は有効です
    肩こりに吸玉療法は有効です
    肩こりにヨーガ療法は有効です
    精神的ストレスによる肩こりに鍼灸治療はよく効きます
    同じカテゴリー(肩こり)の記事
     骨格のゆがみによる肩こりに鍼灸治療や徒手整復術は有効です (2011-12-18 19:25)
     肩こりに刺絡療法は有効です (2011-12-15 20:30)
     肩こりに吸角療法は有効です (2011-12-12 17:03)
     肩こりに吸玉療法は有効です (2011-12-09 19:29)
     肩こりにヨーガ療法は有効です (2011-11-30 17:02)
     精神的ストレスによる肩こりに鍼灸治療はよく効きます (2011-11-18 17:15)

    Posted by 清野充典 at 14:56│Comments(0)肩こり
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    肩こりに瘀血吸圧療法は最適です
      コメント(0)