たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2018年11月10日

認知症

 清野鍼灸整骨院HP http://seino-1987.jp/ をリニューアル

認知症
 認知症とは「生後いったん正常に発達した種々の精神機能が慢性的に減退・消失することで、日常生活・社会生活を営めない状態」をいいます。
 
 症状は、記憶障害・失語・失行・失認などが挙げられます。

 記憶障害では記銘力の低下が顕著です。

 「記銘」とは、見た事・聞いた事・体験した事などを記憶として書き記すことです。

 この能力が低下すると、今経験したことを書き記すことが出来なくなるので、経験自体が記憶されない状態となります。

 よく健忘いわゆるど忘れと比較されます。

 健忘の場合記銘はしていますので、時間をかけ他者から教えてもらうことで思い出すことが出来ます。

 一方、認知症は記銘力が低下しているので、記憶することが出来ず経験そのものが無かったことになります。

 このような状態で思い出そうとしても、無いものを探すことと同じ状態ですので、思い出せません。

 失語とは、言葉の理解ができないこと、しゃべりたい言葉がしゃべれないことです。

 失行とは、運動機能に関する障害はないのに、意味のある動作ができないような障害をいいます。

 失認とは、感覚に関した機能は損なわれていないのに、対象を正しく認知・認識できないことです。

 認知症の原因は、アルツハイマー病と脳血管障害が多くを占めます。

 その他にも、ピック病やレビー小体型認知症などがあります。

 現在のところ、認知症を完治させる治療法は確立されていません。

 進行をくい止めるためには、脳に新鮮な血液を送り、様々な刺激を脳に与える必要があります。

 鍼灸治療は、全身の血流を良くすることで、脳の血流も良くすることに有効です。

 鍼や灸の心地よい刺激も脳にとって有益です。

 また、ヨーガは精神機能を良好な状態にすることにおいて非常に有効です。

 認知症によって乱れた精神機能も、呼吸で心と体をつなぐことで良好な状態にすることが出来るでしょう。

 心配な方は、予防のためにも鍼灸治療とヨーガをされてみてはいかがでしょうか。
(文責:吉田)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
※鍼灸医学・医療等に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」をご覧いただきたく思います。

【東洋医学中心医療機関】

「清野鍼灸整骨院 府中センター」
場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
院   長:吉田卓司 鍼灸学士
       鍼灸師・柔道整復師

外来専門診療室      
   鍼灸総合治療室・整骨接骨治療室
  (平成3年(1991年)4月6日開設) 
     鍼灸内科      骨折     
     鍼灸外科      脱臼
     鍼灸整形外科    捻挫
     鍼灸婦人科     打撲
     鍼灸小児科     挫傷
     鍼灸心療内科    スポーツ外傷
     鍼灸精神科
     鍼灸神経科
     鍼灸老年科
     鍼灸難病科

 受付時間:平日 午前9:00~12:00 
           午後3:00~7:00     
       土曜 午前9:00~12:00 
           午後3:00~6:00 
 休  日:木曜・日曜・祝日  
 電話番号:042-335-3770


  • 同じカテゴリー(鍼灸治療について)の記事画像
    喉の痛みに鍼灸治療
    帯状疱疹に鍼灸治療
    お灸をすると白血球が活発になります
    発熱
    手指の腱鞘炎
    鉄欠乏性貧血
    同じカテゴリー(鍼灸治療について)の記事
     喉の痛みに鍼灸治療 (2019-11-11 10:08)
     帯状疱疹に鍼灸治療 (2019-10-05 10:45)
     お灸をすると白血球が活発になります (2019-02-18 18:36)
     発熱 (2019-02-06 09:14)
     手指の腱鞘炎 (2019-01-23 17:54)
     鉄欠乏性貧血 (2019-01-11 11:20)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    認知症
      コメント(0)