たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2017年03月13日

胃潰瘍に有効な鍼灸治療


 本来、食べ物を消化するための強力な消化液によって、胃自体がおかされたものが「胃潰瘍」です。

 もともと胃の内壁からは何でも溶かしてしまう胃酸が出ています。同時に胃自身が溶かされないように表面は胃粘膜で覆われています。

 この両者のバランスが崩れてしまい、胃酸により自己消化が起きてしまいます。
 
 
 原因は、ストレスや飲食の不摂生です。

 ストレスが強くなると胃粘膜の血流が悪くなりなります。
 
 相対的に胃酸が強く作用して胃粘膜を溶かしてしまいます。

 薬剤によっても胃粘膜は弱くなるので、

 薬の飲みすぎでも胃潰瘍を引き起こすことがあります。

 西洋医学では粘膜保護剤ならびに抗酸剤、胃酸分泌抑制剤が投与されます。
 
 しかし、この薬物治療は胸焼け、上腹部痛などの胃潰瘍に伴う症状がある場合にのみ処方されます。

 
 ここで気をつけなければならないのは体力の低下した人や高齢者は無症状潰瘍、つまり自覚症状がない場合です。
 知らないうちに胃潰瘍が悪化してしまうことがあるからです。

 
 東洋医学的な診断方法によれば胃潰瘍の前段階から病気を見つけることが可能です。


 また、鍼灸治療を行うことにより副作用なしに痛みや不快な症状を取り除くことが可能です。

 
 胃の調子が気になる方、是非一度鍼灸治療を受けてみてください。

 思わぬ不調が見つかるかもしれませんよ。


(文責:吉田)


※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
※鍼灸医学・医療等に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」をご覧いただきたく思います。

【東洋医学専門医療機関】

「清野鍼灸整骨院 府中センター」
場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
院   長:吉田卓司 鍼灸学士
       鍼灸師・柔道整復師

外来専門診療室      
   鍼灸総合治療室・整骨接骨治療室
  (平成3年(1991年)4月6日開設) 
     鍼灸内科      骨折     
     鍼灸外科      脱臼
     鍼灸整形外科    捻挫
     鍼灸婦人科     打撲
     鍼灸小児科     挫傷
     鍼灸心療内科    スポーツ外傷
     鍼灸精神科
     鍼灸神経科
     鍼灸老年科
     鍼灸難病科

 受付時間:平日 午前9:00~12:00 
         午後3:00~7:00
       土曜午前9:00~12:00 
         午後3:00~6:00 
 休  日:木曜・日曜・祝日  
 電話番号:042-335-3770




  • 同じカテゴリー(消化器疾患)の記事画像
    食欲不振に鍼灸治療
    お腹の張りに鍼灸治療
    下痢便に鍼灸治療
    胃の疲労には鍼灸治療が最適
    急性胃粘膜病変に鍼灸治療をお勧めいたします
    痔には鍼灸治療がおすすめです
    同じカテゴリー(消化器疾患)の記事
     食欲不振に鍼灸治療 (2017-07-10 17:25)
     お腹の張りに鍼灸治療 (2016-05-29 22:32)
     下痢便に鍼灸治療 (2016-04-18 21:47)
     胃の疲労には鍼灸治療が最適 (2015-12-31 14:37)
     急性胃粘膜病変に鍼灸治療をお勧めいたします (2015-05-28 08:20)
     痔には鍼灸治療がおすすめです (2015-05-08 13:02)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    胃潰瘍に有効な鍼灸治療
      コメント(0)