たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2018年06月27日

排尿障害


 正常な排尿とは、尿を膀胱に十分貯留することができ、貯留した尿を意図的に支障なく排出できるものをいいます。

 排尿機能も多分に漏れず、加齢の影響を受けます。高齢者の排尿機能の特徴を以下に挙げます。
 
 1.膀胱が萎縮するため膀胱容量が減少し、少量の尿が溜まっただけで尿意が起こり、排尿回数が増加して頻尿となる。

 2.膀胱の弾力が低下するため、排尿後も残尿が生じ、頻尿となる。

 3.膀胱の感度が鈍くなるため、成人では膀胱の半量で尿意を感じるが、高齢者は充満するまで尿意を感じないので、尿意が起きると我慢できず、失禁してしまうことがある。
 
 尿失禁に関して言えば、骨盤底筋の筋力低下も影響します。骨盤底筋には尿道括約筋が含まれます。

 この筋肉が収縮することで尿を溜め、尿意を我慢することが出来ます。

 この筋肉の働きが低下すると、しっかりと尿道を閉めておくことが出来ず、尿が漏れやすくなります。

 排尿障害があるときの多くは、身体に冷えがあります。

 鍼灸治療は身体を温め、膀胱の機能を正常に戻すことに有効です。

 また尿失禁を防ぐために、ヨーガなどの体操で骨盤底筋を鍛えることも大切です。
(文責:吉田)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
※鍼灸医学・医療等に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」をご覧いただきたく思います。

【東洋医学中心医療機関】

「清野鍼灸整骨院 府中分院」
場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
院   長:吉田卓司 鍼灸学士
       鍼灸師・柔道整復師

外来専門診療室      
   鍼灸総合治療室・整骨接骨治療室
  (平成3年(1991年)4月6日開設) 
     鍼灸内科      骨折     
     鍼灸外科      脱臼
     鍼灸整形外科    捻挫
     鍼灸婦人科     打撲
     鍼灸小児科     挫傷
     鍼灸心療内科    スポーツ外傷
     鍼灸精神科
     鍼灸神経科
     鍼灸老年科
     鍼灸難病科

 受付時間:平日 午前9:00~12:00 
         午後3:00~7:00     
        土曜 午前9:00~12:00 
             午後3:00~6:00 
 休  日:木曜・日曜・祝日  
 電話番号:042-335-3770
  


  • Posted by 清野充典 at 09:10Comments(0)泌尿器疾患

    2018年06月11日

    高齢者の糖尿病


     インスリンの作用不足によって血糖値が通常より高くなってしまう病気です。

     インスリンを分泌する細胞がアレルギー反応により破壊され発症する1型、遺伝的素因と生活習慣により発症する2型があります。
     
     ほとんどは2型です。

     通常、症状はありませんが、著しい高血糖になった場合は、口の渇き、多飲、多尿、体重減少、昏睡などが生じます。

     糖尿病が進行すると三大合併症の「腎症」「網膜症」「神経障害」を引き起こします。

     糖尿病になる人数は年齢とともに増加しますが、

     最近の調査では、60歳を超えると5~6人に1人が糖尿病という結果が出ています。

     また、加齢とともに糖尿病性の合併症が多くなります。

     高齢者の糖尿病の特徴を以下に挙げます。

    ・糖尿病の罹病期間(糖尿病になって何年たったか)、それまでの治療、生活様式などによる病状・体力の個人差が大きい。

    ・膵臓からのインスリン分泌と末梢組織での効き方の両方が加齢とともに低下し、血糖値が高くなる。

    ・網膜症、腎症や神経障害など、糖尿病性合併症の頻度が高くなる。

    ・腎臓の働きが低下して、尿糖が血糖値の割に少なくなる。また、薬剤が体内に蓄積しやすくなる。

    ・体力・筋力が低下し、運動療法に加減が必要になりやすい。また、転倒や骨折の危険が増える。

    ・低血糖が起こりやすく、かつ低血糖の特徴的な症状(空腹感・動悸・発汗・眠気・視力障害・痙攣・昏睡)が現れにくくなるため、対処が遅くなりがちになる。

    ・認知機能の低下が起こりやすく、糖尿病の治療に支障の出でくる人が多くなる。

    ・自覚症状を「年のせい」にして見すごす、あきらめる、家族へ遠慮するなど、治療への意欲が低下する傾向にある。

    ・それまでの生活習慣を、なかなか変えられない。

     鍼灸治療は身体の環境を整え、血糖に対する正しい身体の働きを促します。
     
     併せて適度な運動を行うことも大切です。
     
     ヨーガは無理なく行える運動として最適です。
    (文責:吉田)

    ※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
    ※鍼灸医学・医療等に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」をご覧いただきたく思います。

    【東洋医学中心医療機関】

    「清野鍼灸整骨院 府中分院」
    場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
    院   長:吉田卓司 鍼灸学士
           鍼灸師・柔道整復師

    外来専門診療室      
       鍼灸総合治療室・整骨接骨治療室
      (平成3年(1991年)4月6日開設) 
         鍼灸内科      骨折     
         鍼灸外科      脱臼
         鍼灸整形外科    捻挫
         鍼灸婦人科     打撲
         鍼灸小児科     挫傷
         鍼灸心療内科    スポーツ外傷
         鍼灸精神科
         鍼灸神経科
         鍼灸老年科
         鍼灸難病科

     受付時間:平日 午前9:00~12:00 
             午後3:00~7:00     
            土曜 午前9:00~12:00 
                 午後3:00~6:00 
     休  日:木曜・日曜・祝日  
     電話番号:042-335-3770  


  • Posted by 清野充典 at 09:41Comments(0)難病・難症状について