たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2018年03月31日

慢性腎炎と鍼灸治療

 
 今回は、「慢性腎炎」と鍼灸治療についてお話します。

 「慢性腎炎」とは、腎臓の「糸球体」という部分の機能が低下し、数年から数十年にわたり徐々に腎機能を障害する病気です。

 「糸球体」は血液から「尿」を作る際のろ過装置で、血球やタンパクが尿の中にこし出されないよう働いています。

 「糸球体」の機能が落ちると、尿中に血球やタンパクがこし出され「血尿」や「蛋白尿」となります。

 血液中の血球やタンパクがこし出されると血液に必要な粘り気がなくなり、血液の液体成分が血管外にもれ出て「むくみ」が起こります。

 また腎臓は血圧の調節も行なっているため、「高血圧症」も発症します。

 重大な病気にもかかわらず痛みや苦しみを伴いません。

 そのため、病気に気が付かないことや「慢性腎炎」と知りつつも養生法を守らずに病気を進行させることが多いので要注意となります。

 病気が進行し、腎臓機能の約30パーセントしか働かなくなると「腎不全」に陥ります。

 腎臓は、血液中に吸収された「たんぱく質分解産物」や「腸内腐敗産物」を対外に排出する働きがある重要な臓器であり、まさに肝腎要の臓器です。

 「腎不全」が進行しその機能が失われると、血液中に老廃物が溜まり、命に関わる「尿毒症」という恐ろしい病気にかかります。


 病理学では、「慢性腎炎」が「免疫異常」により起こり、「免疫異常」は組織の過度な疲労や血行不良が要因としておこることがわかっています。

 水分の多量摂取や身体を冷やすことなどが腎臓に大きな負担をかけ、腎臓の血流低下を引き起こします。

 水分多量摂取・薄着ファッション・冷飲は、現在ごく当たり前のように行なわれています。

 今後このような状況が継続すれば、「慢性腎炎」に罹患する患者が増える可能性は大きいと考えます。
 
薬物治療では、「慢性腎炎」に対し「副腎皮質ホルモン」を使用します。

 全身の免疫力を抑制することで「免疫異常」を軽減し、「慢性腎炎」が回復するように治療します。

しかし、体力が衰え「自然治癒力」が低下している状態では、「免疫異常」を抑制しても「慢性腎炎」が根本的に治らないことが多くあります。

一方、当院で行う鍼灸治療は、冷えと疲労を取り、全身の血流を改善し、免疫力を高めることを主眼に行ないます。

その結果腎臓を含めた全身の「自然治癒力」は高まります。

 尚、「慢性腎炎」に対する治療では、腰部・臀部・下腹部・足部のツボにお灸を特に用いますが、腎臓における正しい血流と免疫機能の回復が期待できます。

 つまり、鍼灸治療は、「慢性腎炎」に対し根本的な治癒を期待できる治療法なのです。

 また、「慢性腎炎」の治療には養生が大切となります。

 治療の際は、正しい養生の知識を患者さんにお伝えいたします。

 腎臓の病は根が深く、継続的に根気良く治療しなくてはなりません。

 しかし、正しい治療と養生をすることにより改善は可能と考えます。

 「慢性腎炎」にお悩みの方は是非一度御相談ください。
(文責:吉田)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
※鍼灸医学・医療等に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」をご覧いただきたく思います。

【東洋医学専門医療機関】

「清野鍼灸整骨院 府中センター」
場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
院   長:吉田卓司 鍼灸学士
       鍼灸師・柔道整復師

外来専門診療室      
   鍼灸総合治療室・整骨接骨治療室
  (平成3年(1991年)4月6日開設) 
     鍼灸内科      骨折     
     鍼灸外科      脱臼
     鍼灸整形外科    捻挫
     鍼灸婦人科     打撲
     鍼灸小児科     挫傷
     鍼灸心療内科    スポーツ外傷
     鍼灸精神科
     鍼灸神経科
     鍼灸老年科
     鍼灸難病科

 受付時間:平日 午前9:00~12:00 
         午後3:00~7:00     
        土曜 午前9:00~12:00 
             午後3:00~6:00 
 休  日:木曜・日曜・祝日  
 電話番号:042-335-3770  


  • Posted by 清野充典 at 09:27Comments(0)腎疾患(人工透析)

    2017年05月20日

    腎臓について


     腎臓の働きは尿を作って排泄することです。

     尿を排泄することでからだの約6割といわれる体液の量、質を一定に保っています。

     腎臓は背骨の左右に1つずつある重さ約150グラム、長さ約12センチメートル、幅約6センチメートル、厚さ約3.5センチメートルのソラマメのような形をした臓器です。

     腎臓の入り口には血管や尿管が出入りしています。
     
    腎臓に流れ込む腎動脈からは、心臓が送り出す全血液量の約4分の1が常時送り込まれています。

     血液が腎臓に入ると、その内の血球とたんぱく質以外がこしだされます。

     それが尿の元になる原尿です。1日に約150リットル作られます。

     しかし、1日に150リットルも水分を排出していたら人間はすぐに死んでしまいます。腎臓は、水分の約99パーセント、糖の100パーセント、ナトリウム、カリウムなど塩類の必要な量だけを原尿から再び吸収し、尿素などの老廃物、余分な塩類、毒物、薬物を濃縮して尿を作ります。

     尿は1日に約1.5リットル作られます。腎臓は、尿を作り排泄することにより体内の環境を保っているのです。

     現在、水分をたくさん取ると血液がサラサラになるといって、1日に2リットル、3リットルも水を飲む健康法が流行しています。

     しかし、腎臓は1日に1.5リットル程度しか尿を作ることができません。多量に水分を取ると腎臓は体内の環境を一定にするために本来持っている能力よりも多くの尿を作らなくてはなりません。

     そのような生活を長期間続けていると腎臓も疲労してしまい、挙句の果てには腎臓の病気となる恐れがあります。


     腎臓が疲れると水分を排泄する働きが衰えてきます。

     体内の余分な水分は「むくみ」となります。また、腎臓の疲れは反射的に腰の痛みやだるさとなります。血液の流れが悪くなりますので手足の冷えも強くなってきます。

     むくみや腰痛、手足の冷えが強いと感じる方は腎臓の働きが弱ってきている信号です。腎臓の疲労は体の様々な部分に悪影響を及ぼします。

     水分の取りすぎにはご注意ください。

     鍼灸治療は内臓の働きを高める医療です。鍼灸治療をして、正しい生活を送ることで腎臓の疲労も回復してきます。何か体に気になる症状がある方は、 是非ご相談ください。
    (文責:吉田)

    ※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
    ※鍼灸医学・医療等に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」をご覧いただきたく思います。

    【東洋医学専門医療機関】

    「清野鍼灸整骨院 府中センター」
    場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
    院   長:吉田卓司 鍼灸学士
           鍼灸師・柔道整復師

    外来専門診療室      
       鍼灸総合治療室・整骨接骨治療室
      (平成3年(1991年)4月6日開設) 
         鍼灸内科      骨折     
         鍼灸外科      脱臼
         鍼灸整形外科    捻挫
         鍼灸婦人科     打撲
         鍼灸小児科     挫傷
         鍼灸心療内科    スポーツ外傷
         鍼灸精神科
         鍼灸神経科
         鍼灸老年科
         鍼灸難病科

     受付時間:平日 午前9:00~12:00 
             午後3:00~7:00
          木曜 午後1:30~5:30(隔週)
          土曜 午前9:00~12:00 
             午後3:00~6:00 
     休  日:木曜午前(隔週)・日曜・祝日  
     電話番号:042-335-3770


      


  • Posted by 清野充典 at 12:06Comments(0)腎疾患(人工透析)

    2013年12月26日

    人工透析患者さんの不定愁訴は鍼灸治療で解消可能です

     12月に入り、寒い毎日が続いています。

     腎臓の機能が低下している人は、冬の時期が辛さを感じるときです。

     特に、透析を受けている方は、さまざまな不定愁訴を感じるときです。

     腰が痛い、膝が痛い、脚がだるい、足が冷たい、頭痛がする、のぼせる、夜中に足がつる、食欲がない等の症状をお持ちの方は、是非鍼灸治療を受けていただきたく思います。

     誠心誠意治療をさせていただきます。

    平成25年(2013年)12月26日(木)
     開設者 明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授
           順天堂大学医学部医史学研究室      
           清野鍼灸整骨院院長 清野充典
    (ただいま 平成23年1月7日のブログ開始時より 3日に一度更新中)

    ※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」を、平成23年1月1日より毎日更新しております
    ※保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
    ※鍼灸治療に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」の「はりってなあに」をご覧いただきたく思います。

    【東洋医学専門医療機関】

    「清野鍼灸整骨院 府中センター」
    (平成3年4月6日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 しん
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院   長:南波利宗鍼灸学修士・鍼灸学士
            鍼灸師・柔道整復師

    「清野鍼灸整骨院」 
    (昭和62年2月2日開設)
     受付時間:平日午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            木曜午前 ヨーガ教室    午後1:00~5:00
            土曜午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜午前・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士
            鍼灸師・柔道整復師

      


  • Posted by 清野充典 at 17:59Comments(0)腎疾患(人工透析)

    2013年07月07日

    鍼灸治療は腎臓の働きを向上させることが可能な治療法です

     腎臓病患者さんが増え続けています。

     その背景には、腎臓に負担が及ぶ生活があります。

     夜遅い時間帯での食事や入浴、冷たい物の飲食、長時間の入浴、塩分過多等々・・・、数え上げたらきりがありません。

     これらの日常生活を改めるだけでも、腎臓機能は向上します。

     しかしながら、腎臓病と診断されたり、透析を現に行っている人には医療が必要です。

     鍼灸治療は腎臓の働きを向上させることが可能な治療法です。

     身体がだるい、身体に力が入らない、耳鳴りがする、夜中にふくらはぎがつる、おしっこが近い、夜中におしっこで目が覚める等の症状をお持ちの方は、是非鍼灸治療で改善していただきたいと思います。


    平成25年(2013年)7月7日(日) ※今日は七夕ですね
     開設者 明治国際医療大学(旧明治鍼灸大学)客員教授
           順天堂大学医学部医史学研究室研究生      
           清野鍼灸整骨院院長 清野充典
    (ただいま 平成23年1月7日のブログ開始時より 3日に一度更新中)

    ※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」を、平成23年1月1日より毎日更新しております
    ※保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
    ※鍼灸治療に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」の「はりってなあに」をご覧いただきたく思います。

    【東洋医学専門医療機関】

    「清野鍼灸整骨院 府中センター」
    (平成3年4月6日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院   長:村田朝子鍼灸学士
            鍼灸師・柔道整復師・ ヨーガ教師(インド政府認定国家資格)

    「清野鍼灸整骨院」 
    (昭和62年2月2日開設)
     受付時間:平日午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            木曜午前 ヨーガ教室    午後1:00~5:00
            土曜午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜午前・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院   長:清野充典中国学修士・鍼灸学士・社会福祉学士
            鍼灸師・柔道整復師・ ヨーガ教師(インド政府認定国家資格)
                 
    【東西医学統合医療機関】

    「清野メディカルフットケア 府中センター」
    (平成22年4月1日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     電話番号:042-335-3770
     院  長:丸山典子鍼灸学士・鍼灸師

    「清野メディカルフットケア」 
    (平成21年4月1日開設)
     受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
            土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
     休   日:木曜・日曜・祝日 
     場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
     電話番号:042-481-3770
     院  長:猪熊遥香鍼灸学士・鍼灸師

      


  • Posted by 清野充典 at 08:21Comments(0)腎疾患(人工透析)

    2011年11月24日

    人工透析治療者の鍼灸治療費は1回2,500円

     慢性腎臓病患者さんに対し、人工透析治療が導入されて以来、生存率は伸びていますが、それと同時に、合併症の併発や長期間にわたり不快な症状を我慢しなければいけない環境を生み出しています。

     鍼灸治療は、腎臓の働きを高める事が可能ですので、人工透析治療に伴う様々な症状の改善に有効な医療です。鍼灸治療を週2~3回定期的に行うことで、人工透析治療の回数や治療時間を減らすことが可能です。

     人工透析治療と鍼灸治療の併用は、統合医療のモデルケースとして、東京大学病院をはじめ、全国各地の病院で鍼灸治療の導入が始まっています。

     清野鍼灸整骨院では、腎疾患に対応した治療法を行っております。清野鍼灸整骨院開院25周年を記念し、世界最先端の医療を、多くの方々に知って戴くことを目的に、鍼灸治療費1回2,500円という世界初の試みを開始しました。

     西洋医療だけでは対処できない症状に対し、東洋医療をご検討いただきたく存じます。

     開院25周年を企画して行っている特別企画は下記の通りです。 

    【特別企画】(来年1月までの年間企画です)
      2月開始(第1弾) 毎月「東洋医学講座」開催(調布市は第3土曜日、府中市は第4土曜日)
      4月開始(第2弾) 「紹介者カード」を作成(初診時事務手数料1,000円引き)
      5月開始(第3弾) 夜間体操教室1カ月無料券を新患・再患さんに進呈
      6月開始(第4弾) がん疾患患者さまの治療費1回2,000円(通常5,300円→3,300円の割引)
     11月開始(第5弾) 人工透析を行っている腎疾患患者さまの鍼灸治療費1回2,500円(通常5,300円→2,800円の割引)

     詳しい内容は、下記の診療時間内にお問い合わせ下さい。

     平日は、午前9:00~12:00 午後15:00~19:00
     土曜は、午前9:00~12:00 午後15:00~18:00 

     休診日は、木曜・日曜・祝日です。

    東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
     清野鍼灸整骨院 府中センター
      042-335-3770

    2011年(平成23年)11月24日(木) 記

    (ただいま 平成23年1月7日のブログ開始時より 3日に一度更新中)

    ※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」を毎日更新しております。お時間がありましたらそちらもどうぞ。
      


  • Posted by 清野充典 at 01:48Comments(0)腎疾患(人工透析)