たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2012年03月02日

コーヒーや白砂糖は「冷え性」体質の元になります

 「冷え性」の原因になる日常生活のご紹介11回目です。今までの内容をご覧になりたい方は、右側にあるカテゴリ「冷え性」をクリックしていただければ、すべてをご覧になれます。

 食事は肉体を作り上げる基本ですが、嗜好品はなかなかやめられないのではないでしょうか。

 飲食物には、体を冷やす性格のものがあります。特にフルーツを食べ過ぎると体が冷えます。柿を食べると体が冷えることを、ご存じの方も多いことと思います。

 うどもおいしいですが、多く食べると冷えます。

 以外にご存じないのがコーヒーです。

 1日1杯程度なら問題ありませんが、毎日2~3杯飲むと体は冷えやすくなります。それに白砂糖を入れて飲むと症状が加速します。たばこを吸うとさらに加速します。

 缶コーヒーは、砂糖がいっぱい入っています。

 毎日缶コーヒーを10本以上、煙草を3箱以上という方が結構います。

 この生活スタイルは、手足が冷たくなりやすく、「冷え性」になる確率は極めて高いと言えます。

 生活スタイルを見直すと「冷え性」が改善されるという方は沢山います。

 「冷え性」は必ず改善される症状です。冷え性でお悩みの方のご来院をお待ちしております。

 詳しくは、『清野鍼灸整骨院ホームページ』の「くらしと養生」をご覧ください。

 生活習慣が引き起こす「冷え性」の原因の続きは、また次回に。

平成24年(2012年)3月2日(金) 記

(ただいま 平成23年1月7日のブログ開始時より 3日に一度更新中)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」を、平成23年1月1日より毎日更新しております
※保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております


【東洋医学専門医療機関】

清野鍼灸整骨院 府中センター
(平成3年4月6日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後15:00~19:00
        土曜 午前9:00~12:00 午後15:00~18:00 
 休   日:木曜・日曜・祝日 
 場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
 電話番号:042-335-3770
 院   長:村田朝子鍼灸学士

清野鍼灸整骨院」 
(昭和62年2月2日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後15:00~19:00
        土曜 午前9:00~12:00 午後15:00~18:00 
 休   日:木曜・日曜・祝日 
 場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
 電話番号:042-481-3770
 院   長:清野充典鍼灸学士




  • 同じカテゴリー(冷え性)の記事画像
    夏場の冷え
    冷え
    冷え性には鍼灸治療!
    その身体の冷えそろそろ真剣に考えてみませんか
    鍼灸治療をして冷え性を解消しましょう
    毎日寒いですね 冷え性の方はお灸治療をどうぞ
    同じカテゴリー(冷え性)の記事
     夏場の冷え (2019-07-03 16:28)
     冷え (2018-10-30 08:56)
     冷え性には鍼灸治療! (2015-11-02 14:15)
     その身体の冷えそろそろ真剣に考えてみませんか (2014-04-19 15:13)
     鍼灸治療をして冷え性を解消しましょう (2014-01-22 13:48)
     毎日寒いですね 冷え性の方はお灸治療をどうぞ (2013-01-20 16:07)

    Posted by 清野充典 at 19:25│Comments(0)冷え性
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    コーヒーや白砂糖は「冷え性」体質の元になります
      コメント(0)