たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2011年08月20日

リウマチは鍼灸保険治療の対象疾患です

 現代医療で治癒が困難な病気を「難病」と言いますが、「リウマチ」はその一つです。

 厚生労働省の平成17年患者調査の「総患者数,性・年齢階級×傷病小分類別」によると、関節リウマチの総患者数は31万7000人で、約8割が女性患者です。患者数は40歳代以降の中高年に多くなっています。

 関節リウマチは原因不明の疾患であり、完治させることは難しいため、治療の目標は進行を抑え、重篤な機能障害に陥らないようにすることです。

 現代医療では、治療は薬物療法、手術療法、リハビリテーション療法などに大別しています。

 薬物療法では非ステロイド系消炎鎮痛薬、ステロイド薬、抗リウマチ薬などの薬剤から症状に合わせて適切なものを投与します。

 関節リウマチは慢性的に進行するものなので、エクササイズや関節を温めるなどの日常生活における取り組みも重要として、リハビリテーション療法が用いられています。

 東洋医療・鍼灸治療は、西洋医療で治癒が困難な病気に対して医療保険の適応が認められています。「リウマチ」は、鍼灸保険取り扱いの対象疾患です。

 つまり、鍼灸治療は「リウマチ」に有効な医療であることを、国が認定しています。

 上記西洋医療を受けていて、痛みが止まらない、進行を抑えられないとお感じになっている方は多いと思います。

 「リウマチ」の治療に、鍼灸治療を是非ご検討いただきたく思います。

 炎症を抑えることに対し最も有効と思われる鍼灸治療の効果を、是非国民の皆様に実感していただきたく存じます。

 運動をご希望の方には、東洋医学に基づいた「ヨーガ療法」を行っております。

 詳しくお知りになりたい方は、下記にご連絡いただきたく思います。

東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
 清野鍼灸整骨院 府中センター
  042-335-3770

 診療時間

  平  日   午前9:00~12:00 午後15:00~19:00
  土曜日   午前9:00~12:00 午後15:00~18:00 

 休診日 木曜・日曜・祝日


2011年(平成23年)8月20日(土) 記

(ただいま 平成23年1月7日のブログ開始時より 3日に一度更新中)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」を毎日更新しております。お時間がありましたらそちらもどうぞ。






  • 同じカテゴリー(医療保険の取り扱いについて)の記事画像
    生活保護の方が鍼灸治療を受けても負担金はありません
    鍼灸治療は労災保険・通勤労災保険・公務員災害補償保険の取扱が可能です
    鍼灸治療は自動車責任賠償保険取扱いが可能です
    鍼灸治療は医療保険の取扱が可能です
    頚腕症候群は鍼灸医療保険が取扱できる疾患です
    ムチウチに鍼灸治療の医療保険取扱が可能です
    同じカテゴリー(医療保険の取り扱いについて)の記事
     生活保護の方が鍼灸治療を受けても負担金はありません (2013-10-02 11:14)
     鍼灸治療は労災保険・通勤労災保険・公務員災害補償保険の取扱が可能です (2013-09-30 20:21)
     鍼灸治療は自動車責任賠償保険取扱いが可能です (2013-09-26 16:52)
     鍼灸治療は医療保険の取扱が可能です (2013-09-24 00:03)
     頚腕症候群は鍼灸医療保険が取扱できる疾患です (2011-08-23 09:29)
     ムチウチに鍼灸治療の医療保険取扱が可能です (2011-08-17 13:42)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    リウマチは鍼灸保険治療の対象疾患です
      コメント(0)