たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2011年07月24日

脳卒中の再発症予防に鍼灸治療が最適です

 脳卒中を発症し、一定期間入院したのち、日常生活に復帰されたあと、ほとんどの人が再度脳卒中になります。

 2度目の発作が命取りになったという話を良く聞かれることと思います。

 1度目の入院は、命を取り留めたという意味合いが強く、退院したから治ったわけではありません。

 そのことに気づかないで、脳卒中発症前と同じ生活を送っている人は、ほとんどと言っていいほど再発症します。

 その時期は、10か月から1年半以内と言えます。

 脳卒中は、高血圧の人に生じる現象ですので、高血圧を血管拡張薬でごまかしていると、再発症する時期は早まります。

 国民の死因第2位である脳卒中に対する、
 1番の対策は、鍼灸治療を継続して行い、平常な血圧へ戻すことです。
 鍼灸治療は、薬物療法に替わる医療です。
 薬物を用いずに高血圧を治したい方には、鍼灸治療がお勧めです。

 2番目の対策は、脳卒中発症直後に鍼灸治療を開始し、後遺症を最小限に抑えることです。
 2番目は、統合医療を実施している病院でないとできませんが、いまこれから日本国民の常識になることと思います。

 3番目の対策は、退院後に鍼灸治療を開始し、血圧を平常に戻し、病気を起こさない生活習慣と肉体を身に付けることです。
 理想としては1番目の対策を実施することですが、現実には3番目のことを行っていただけるだけで、多くの国民が救われることと思います。

 4番目の対策は、後遺症を持った身体に対し、鍼灸治療を開始し、肉体と精神の健康獲得・維持増進に努めることです。
 2度目の発症後は、後遺症が大きく残り、要介護の対象者となります。
 清野鍼灸整骨院では、東洋医学専門介護機関「ちあふる清野」を併設していますので、4番目の対策にも対応可能です。

 1人でも多くの方が、すべての状態に対応できる鍼灸治療に、是非出会っていただきたいと思います。

東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
 清野鍼灸整骨院 府中センター
  042-335-3770

2011年(平成23年)7月24日(日) 記

(ただいま 3日に一度更新中)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」を毎日更新しております。お時間がありましたらそちらもどうぞ。




  • 同じカテゴリー(脳血管障害)の記事画像
    脳血管疾患の方を支援いたします
    脳卒中の後遺症に鍼灸治療が有効です
    脳血管障害と鍼灸治療
    同じカテゴリー(脳血管障害)の記事
     脳血管疾患の方を支援いたします (2013-02-25 15:35)
     脳卒中の後遺症に鍼灸治療が有効です (2011-07-27 16:52)
     脳血管障害と鍼灸治療 (2011-07-21 17:47)

    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    脳卒中の再発症予防に鍼灸治療が最適です
      コメント(0)