たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2012年10月19日

「嚥下困難」は鍼灸治療で改善します

 鍼灸治療がどの様な病気に有効かを、30年以上に及ぶ経験と母校明治国際医療大学、その他国内にある10鍼灸学部、鍼灸医学研究をしている医学部、世界各国の研究論文を本に、お伝えさせていだいております。

 今日は、難病・難症状に対する鍼灸治療の効果についてのご紹介12回目です。

 「嚥下困難(えんげこんなん)」という症状を聞いたことがあるでしょうか。

 食べ物を飲み込むことが困難になることです。

 喉の食べ物が詰まったりあわてて何かを飲んだとき、むせた経験がある人は少なくないと思います。

 脳の働きが低下すると、この症状は顕著になります。

 脳卒中を発症した高齢者に、この症状を発症する人が多く見られます。

 「誤嚥性肺炎」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 食べ物が気管を通じて肺に入り、肺炎を起こす病気です。

 高齢者は、高熱を発症しないため、気付かないまま亡くなることが多く見られます。

 現代医療では、「嚥下困難」に対し有効な治療方法が見当たりません。そのため、どこの病院や老人保健施設等でも、「誤嚥性肺炎」に対し、大変注意していることが良く分かります。

 でも、「嚥下困難」は鍼灸治療で改善できます。当院では、治癒に至った臨床例を、経験しています。

 東北大学病院漢方内科の関隆志医師は、鍼灸治療で嚥下困難が改善された論文を、世界で最も権威があるアメリカの医学雑誌に投稿し、掲載されました。

 このことは、「嚥下困難」に対し、鍼灸治療と言う医療が、世界的に評価されたと言うことを意味します。

 この内容は、2009年6月に埼玉県大宮市で行われた第58回全日本鍼灸学会学術大会において、「老年医学と鍼灸」と題して教育講演しましたので、日本の鍼灸師にとっては周知の事実です。

 「嚥下困難」でお困りの方は、是非鍼灸治療を受けていただきたいと思います。

 また、このことを、全医療関係者・福祉関係者・保健関係者に知っていただきたいと考えております。

 府中市近隣に在住の方は、世界最先端の鍼灸医療を研究し続けている「清野鍼灸整骨院府中センター」を、是非ご利用いただきたく思います。

 院長は、国内外で学会発表を続けている日本で指折りの女性鍼灸師ですので、いろいろな疾患に関し、安心してご相談いただけます。

平成24年(2012年)10月19日(金) 記
(ただいま 平成23年1月7日のブログ開始時より 3日に一度更新中)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」を、平成23年1月1日より毎日更新しております
※保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
※鍼灸治療に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」の「はりってなあに」をご覧いただきたく思います。


【東洋医学専門医療機関】

清野鍼灸整骨院 府中センター
(平成3年4月6日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
        土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
 休   日:木曜・日曜・祝日 
 場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
 電話番号:042-335-3770
 院   長:村田朝子鍼灸学士

清野鍼灸整骨院」 
(昭和62年2月2日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
        土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
 休   日:木曜・日曜・祝日 
 場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
 電話番号:042-481-3770
 院   長:清野充典鍼灸学士

【統合医療センター 足部治療専門医療機関】

清野メディカルフットケアセンター府中
(平成22年4月1日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
        土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
 休   日:木曜・日曜・祝日 
 場   所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
 電話番号:042-335-3770
 センター長:丸山典子鍼灸学士

清野メディカルフットケアセンター」 
(平成21年4月1日開設)
 受付時間:平日 午前9:00~12:00 午後3:00~7:00
        土曜 午前9:00~12:00 午後3:00~6:00 
 休   日:木曜・日曜・祝日 
 場   所:東京都調布市布田1-45-1CIELOビル3階
 電話番号:042-481-3770
 センター長:猪熊遥香鍼灸学士
  


  • Posted by 清野充典 at 02:06Comments(0)難病・難症状について