たまりば

  多摩の地域情報 多摩の地域情報  府中市 府中市

2018年06月27日

排尿障害


 正常な排尿とは、尿を膀胱に十分貯留することができ、貯留した尿を意図的に支障なく排出できるものをいいます。

 排尿機能も多分に漏れず、加齢の影響を受けます。高齢者の排尿機能の特徴を以下に挙げます。
 
 1.膀胱が萎縮するため膀胱容量が減少し、少量の尿が溜まっただけで尿意が起こり、排尿回数が増加して頻尿となる。

 2.膀胱の弾力が低下するため、排尿後も残尿が生じ、頻尿となる。

 3.膀胱の感度が鈍くなるため、成人では膀胱の半量で尿意を感じるが、高齢者は充満するまで尿意を感じないので、尿意が起きると我慢できず、失禁してしまうことがある。
 
 尿失禁に関して言えば、骨盤底筋の筋力低下も影響します。骨盤底筋には尿道括約筋が含まれます。

 この筋肉が収縮することで尿を溜め、尿意を我慢することが出来ます。

 この筋肉の働きが低下すると、しっかりと尿道を閉めておくことが出来ず、尿が漏れやすくなります。

 排尿障害があるときの多くは、身体に冷えがあります。

 鍼灸治療は身体を温め、膀胱の機能を正常に戻すことに有効です。

 また尿失禁を防ぐために、ヨーガなどの体操で骨盤底筋を鍛えることも大切です。
(文責:吉田)

※「清野充典の「東洋医学ひとりごと」」保健・医療・福祉に関する最新情報や東洋医学関連のひとりごとを掲載しております
※鍼灸医学・医療等に関して詳しくお知りになりたい方は、「清野鍼灸整骨院」をご覧いただきたく思います。

【東洋医学中心医療機関】

「清野鍼灸整骨院 府中分院」
場  所:東京都府中市八幡町3-3-5 大久保ビル1階
院   長:吉田卓司 鍼灸学士
       鍼灸師・柔道整復師

外来専門診療室      
   鍼灸総合治療室・整骨接骨治療室
  (平成3年(1991年)4月6日開設) 
     鍼灸内科      骨折     
     鍼灸外科      脱臼
     鍼灸整形外科    捻挫
     鍼灸婦人科     打撲
     鍼灸小児科     挫傷
     鍼灸心療内科    スポーツ外傷
     鍼灸精神科
     鍼灸神経科
     鍼灸老年科
     鍼灸難病科

 受付時間:平日 午前9:00~12:00 
         午後3:00~7:00     
        土曜 午前9:00~12:00 
             午後3:00~6:00 
 休  日:木曜・日曜・祝日  
 電話番号:042-335-3770


  • 同じカテゴリー(泌尿器疾患)の記事画像
    尿管結石に効く鍼灸治療
    同じカテゴリー(泌尿器疾患)の記事
     尿管結石に効く鍼灸治療 (2017-03-21 12:48)

    ※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
    上の画像に書かれている文字を入力して下さい
     
    <ご注意>
    書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

    削除
    排尿障害
      コメント(0)